HOME>特集>憧れの医療人になるためにはどんな資格が必要か

はりやきゅうを使って健康を回復する医療人

鍼治療

鍼灸師(しんきゅうし)は、リハビリや代替医療という分類の国家資格です。同じ分野には理学療法士や作業療法士があり、いずれも健康を回復するれっきとした医療人にあたります。鍼は「はり」、灸は「おきゅう」を意味し、東洋医学に基づき治療をおこなうのが仕事です。東洋医学では人の体にあるつぼを刺激することで人の自然治癒力を高めますが、まさにその刺激を与えるツールがはりであり、おきゅうなのです。現在とても注目を集める人気の仕事ですが、あん摩や指圧、柔道整復師とはまったく別のものであり、混同すべきものではないことをまず覚えておきましょう。

資格は「はり師」と「きゅう師」

鍼治療

先ほど国家資格と述べましたが、正確に言えば鍼灸師という資格はありません。正しくは「はり師」「きゅう師」に分かれており、鍼専門のプロと灸専門のプロが存在します。なぜ鍼灸師と言われるかは、両方をまとめて治療院を開設している専門家が多いからです。とは言えこの仕事を目指すなら当然のことながら、正しく「はり師」「きゅう師」を理解し、専門を極める勉強が必要不可欠です。

どのように資格を取ればよいか

国家試験の受験要項は、鍼灸師の専門学校か鍼灸学科のある4年制大学(または3年制短大)を修めることです。国家試験は年に1回実施されていますので、そちらを受験し、合格することで専門家への道が開けます。また前述したとおり「はり師」と「きゅう師」は別の資格です。同時受験の場合は共通科目試験が免除されるため同時に受ける人も少なくありませんが、もちろんどちらかだけでも合格すれば、その専門治療は可能です。

どんな仕事内容か

鍼灸師は「はり」と「きゅう」を使って治療をおこないます。はりは注射針の約3分の1程度の太さで、先端が丸みを帯びており、これをつぼに刺して刺激することで治療します。きゅうはご存じの人も多いですが、よもぎなどの薬草から作るもぐさをつぼに置いて火をつけ、熱で治療をします。このように薬品を使わない治療のため、妊娠中や授乳中、幼児にも安心して治療がおこなえる点が世界でも高く評価されています。

広告募集中