HOME>イチオシ情報>鍼と灸を使った施術には国家資格が絶対に必要
鍼灸院

資格は一つのみ

整体師の資格にはいろいろな種類があって、難易度などを自分で考え、取得するものを選べるようになっています。もしかすると、鍼灸師も同じようなものだと思い、いろいろな種類の中から資格を選べると考える方もいるでしょう。しかし、鍼灸師に関する資格は国家試験をパスすることで得られるものだけになっていて、民間の団体が発行している資格はまったく存在していません。そして、鍼と灸のどちらを利用するとしても人間に施術を行う場合は、鍼灸師の資格を取得していることが条件となっています。つまり、国家試験をパスしなければ、鍼灸師になる道はまったくないといっても過言ではないでしょう。

最短では三年で取得

鍼灸師になるための最短ルートは専門学校に入学をして、用意されている三年間のカリキュラムを終わらせ、卒業後の国家試験を一発で合格することです。対応する大学に通うことでも鍼灸師になれますが、専門学校とは違い三年間ではなく四年間のカリキュラムが用意されています。従って、大学に通っている途中に、鍼灸師の資格をゲットすることはできないので気をつけましょう。その代わり、大学の場合は卒業と同時に大卒の資格もバッチリと得られるようになっています。

広告募集中